サポート

会員 I D
パスワード

サポート

  • 器材の選び方
  • 取扱いメーカー一覧
スキューバダイビングならAQROSトップページ >> ダイビング器材の選び方
 
ダイビング 器材
ダイビング
 
楽しいダイビングの第一歩は良くフィットした器材から始まります。
人間が水中世界を訪問し、楽しむためには、いろいろな器材の助けを借りることになります。
器材は各々重要な役割を持ち、どれひとつとして、おろそかにできません。
AQROSでは、知識、経験共に豊富なスタッフが、みなさんひとりひとりにあった安全で楽しいダイビングをお約束できる器材選びをお手伝いします。
 
ダイビング 器材

1 グローブ
2 スノーケル
3 マスク
4 フィン
5 ウエイトベルト
6 BCD
7 レギュレーター
8 ダイブコンピューター
9 オクトパスホルダー
10 水中ライト
11 保護スーツ
12 オクトパス
13 水中カメラ
14 コンソールゲージ
15 水中ノート
16 水中ナイフ
17 ブーツ
18 メッシュバッグ
19 ダイビングバッグ

(順不同)

ダイビング メッシュバッグダイビング バッグ

1 グローブ 水中で手先が冷えない様に、また、岩などにつかまった時にけがをしない様にするために必要です。水温に応じて生地の厚さにバリエーションがあります。
保護スーツと同様、サイズや水温に適したものを選びましょう。デジカメなどの水中撮影をする時に、ハウジングのボタンを操作しにく方のために、指先が動かしやすいデザインのグローブも発売されました。 もどる
2 スノーケル 水面での移動、休憩時、またスキンダイビングやドルフィンスイムを行うためにも使用します。見た目にはシンプルですが、水が入りにくい機能や、排水のしやすい機能など、様々な工夫が施されています。
呼吸のしやすさなどの機能はもちろん大切ですが、マスクとのコーディネートにも気を使いたいですね。 もどる
3 マスク ダイビング器材の中で、いちばんと言ってよいほど重要な器材です。
マスクが顔にフィットしていれば、マスクの中にひんぱんに水が入ることはありません。また、自分のものを持っていれば、ダイビングをする度に、自分の頭に合わせてベルトを調節する慣わしさから解放されます。視力矯正の必要があれば、レンズを入れ替えることもできます。
ブラックシリコンは水中撮影をする方に人気で、乱反射を防げてファインダーも見やすいです。 もどる
4 フィン 脚力や経験に合ったフィンを選びましょう。スクーバダイビングでは通常より早く、力強くといった泳カは要求されませんが、効率よく泳げ、しかも身体に負担をかけないあなたに合ったフィンがダイビングを簡単で楽しいものにしてくれるでしょう。 もどる
5ウエイトベルト ダイビングでは浮力を調整するためにウエイトを使います。自分のベルトがあれば毎回ウエイトの位置を調整するのに苦労しません。
メッシュ状のポケットが付いたタイプはウエイトが直接腰に当たらないので快適です。 もどる
6 BCD 浮力を調節する器材。メーカーによって操作ボタンの位置や操作方法が様々なので、ダイビングの度に違う機種を使っていると、操作になじめず、ダイビング中ずっとBCDと悪戦苦闘なんてこともあります。余計なことに気を取られず、ダイビングそのものを楽しむために自分のBCDを使いましょう。
実際に着用し、身体に合った、操作のしやすいBCDを選びましょう。 もどる
7 レギュレーター 空気を吸うための器材。いかに違和感なく自然に呼吸をするか…これはスキューバグイビングにおいて、とても重要な事です。常に同じ呼吸感を実現させるためには、自分専用のレギュレーターを持つことが大切です。 もどる
8 ダイブコンピューター 今や、ダイビングには欠かせないハイテク器材。水中にあと何分いられるかや、最大深度や経過時間、水温などの情報を得られます。ゲージに組み込んだタイプやウォッチタイプなどが主流です。大きさやデザイン、機能、お値段も様々。スタッフによくご相談ください。 もどる
9 オクトパスホルダー 自分のゲージやオクトパスなどが地面を引きずっていたり、岩に引っかかったりしていませんか?魚やサンゴなどの生物にダメージを与えないためにもホルダーでコンパクトにまとめておきましょう。 もどる
10 水中ライト ナイトダイビングやケーブダイビング時に必要なことはもちろん、昼間のダイビングでも暗がりや穴の中の観察に使用します。生物を観察する時、ライトを当ててみて下さい。色や模様など細かいところまでしっかり観察できます。また、自分の位置をバディやガイドに知らせることもできるセーフティグッズでもあります。 もどる
11 保護スーツ 体の保護と保温のためのスーツ。保温機能に関しては特に、身体にフィットしていることが重要です。既成のものもありますが、自分にあったスーツを手に入れるにはフルオーダーがおすすめです。タイプはウエットスーツ、セミドライスーツ、ドライスーツなどがありますので、ご自分が活動するダイビングエリアによってスーツのタイプや生地の厚さなどを選びましょう。 もどる
12 オクトパス 一緒に潜っている人のエアが無くなった時に、自分のエアを分けてあげる緊急用のレギュレーターです。あまり使う機会はありませんが、必須の器材です。
いざという時のために、使い方や装着位置に慣れておきましょう。 もどる
13 水中カメラ 水中カメラがあると、ダイビングの楽しみは倍増。
簡単カメラから本格的なものまで水中専用の各種カメラの他、デジカメや一眼レフも専用の防水ケースに入れれば水中撮影が可能です。自分の目的に合わせて選びましょう。 もどる
14 コンソールゲージ タンクの空気量を示す残圧計、深度を示す水深計、方位を知るためのコンパスが一体になった計器盤です。デザインや各計器のレイアウトはメーカーによって多種多様です。
いつも同じ自分専用のものを使っていれば、一目で水深や残りの空気量などが分かり、ゆとりのあるダイビングができますよ。 もどる
15 水中ノート 耐水紙でできたノートや、マグネットペンで書き消しをするタイプのものなど、大きさや種類もいろいろ。
ダイバー同士の筆談や、覚えておきたい地形、魚の特徴などをメモするのに必要。 もどる
16 水中ナイフ 水中で釣り糸、海藻、ロープなどがからまった時に切ったり、海中の流れの中で地面に刺して体を支えたり、タンクを叩いて仲間を呼んだり、多目的に使用します。
セーフティダイビングのために常に携帯したい器材です。 もどる
17 ブーツ ダイビングの現場では器材を装着したまま、岩場や滑りやすいボートの上を歩く場合があります。そんな時に、しっかりしたブーツを履いていれば、踏ん張りがきいて思わぬけがも予防できます。 もどる
18 メッシュバッグ ダイビング器材一式を濡れたまま収納できる、網状のバッグです。これを使わなかったり、何かで代用したりすると、この上なく不便な思いをします。
ダイビング専用の丈夫なものを選びましょう。 もどる
19 ダイビングバッグ ダイビングツアーの時に器材や着替えをまとめて持ち運ぶ大型バッグ。自宅でダイビング器材を収納するのにも使えます。
主に2輪のキャリータイプと4輪のキャスタータイプの2種があります。機能的で運びやすいものを選びましょう。 もどる
 
 
このページのTOPへ